亀田大毅、対戦相手が減量失敗。疑惑の多い亀田兄弟またも微妙な試合になりそう

12月3日に大阪で行われるボクシングのトリプル世界戦を翌日に控えた2日の計量で、IBF(国際ボクシング連盟)スーパーフライ級王者の亀田大毅(24)の対戦相手、WBA(世界ボクシング協会)の同級王者リボリオ・ソリス(31=ベネズエラ)が体重オーバーとなった。

ソリスはWBAの王座を剥奪されたというのだが、試合は体重オーバーのままで行われる。この試合で大毅が勝った場合は大毅が統一王者となるという。

む?はく奪じゃないの?どういう意味かな、と疑問を感じた。

この体重オーバー事件についてちまたでは、「亀田サイドが何か仕掛けたんじゃない?」などと疑惑の声が上がっている。

亀田兄弟の試合には疑惑がつきものだから、今回も、と思うのも無理はない。弱いボクサーばかりを連れてきて試合をする。判定はプロも素人も首をひねる疑惑判定ばかり。

先日の亀田兄弟の長男、興毅と韓国人の孫正五の試合もひどかった。あれだけ打ちこまれてフラフラの勝者が存在するとは信じがたい。韓国内や日本国内でも大ブーイングだったのは記憶に新しい。

亀田兄弟&高山トリプル世界戦

亀田大毅VSリボリオ・ソリス

IBFバンタム級タイトルを獲得し2階級制覇を成し遂げた亀田大毅が前WBA世界王者ソリスとの統一試合を行う。

亀田和毅VSイマヌエル・ナイジャラ

亀田和毅のWBO世界王者初防衛戦。アフリカ・ナミビアからの刺客 イマヌエル・ナイジャラ。ランキング6位で18戦無敗の挑戦者を迎え撃つ。

高山勝成VSベルギリオ・シルバーノ

IBFミニマム級王者高山勝成が同級6位で15連勝中ののベルギリオ・シルバーと対戦する。

トリプル世界戦の行方には興味がある。今回は亀田兄弟にはすっきりとしたKO勝利をお願いしたい。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメントを残す