亀田大毅、対戦相手が減量失敗。疑惑の多い亀田兄弟またも微妙な試合になりそう

12月3日に大阪で行われるボクシングのトリプル世界戦を翌日に控えた2日の計量で、IBF(国際ボクシング連盟)スーパーフライ級王者の亀田大毅(24)の対戦相手、WBA(世界ボクシング協会)の同級王者リボリオ・ソリス(31=ベネズエラ)が体重オーバーとなった。

ソリスはWBAの王座を剥奪されたというのだが、試合は体重オーバーのままで行われる。この試合で大毅が勝った場合は大毅が統一王者となるという。

む?はく奪じゃないの?どういう意味かな、と疑問を感じた。

この体重オーバー事件についてちまたでは、「亀田サイドが何か仕掛けたんじゃない?」などと疑惑の声が上がっている。

亀田兄弟の試合には疑惑がつきものだから、今回も、と思うのも無理はない。弱いボクサーばかりを連れてきて試合をする。判定はプロも素人も首をひねる疑惑判定ばかり。

先日の亀田兄弟の長男、興毅と韓国人の孫正五の試合もひどかった。あれだけ打ちこまれてフラフラの勝者が存在するとは信じがたい。韓国内や日本国内でも大ブーイングだったのは記憶に新しい。

亀田兄弟&高山トリプル世界戦

亀田大毅VSリボリオ・ソリス

IBFバンタム級タイトルを獲得し2階級制覇を成し遂げた亀田大毅が前WBA世界王者ソリスとの統一試合を行う。

亀田和毅VSイマヌエル・ナイジャラ

亀田和毅のWBO世界王者初防衛戦。アフリカ・ナミビアからの刺客 イマヌエル・ナイジャラ。ランキング6位で18戦無敗の挑戦者を迎え撃つ。

高山勝成VSベルギリオ・シルバーノ

IBFミニマム級王者高山勝成が同級6位で15連勝中ののベルギリオ・シルバーと対戦する。

トリプル世界戦の行方には興味がある。今回は亀田兄弟にはすっきりとしたKO勝利をお願いしたい。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 亀田和毅WBO世界王座奪取!実力は本物か!?亀田和毅WBO世界王座奪取!実力は本物か!? 亀田和毅がWBO世界バンタム級タイトルマッチに挑戦。判定で勝利し世界チャンピオンとなった。これで、亀田3兄弟全員が世界王者経験者となり、ギネスブックにも登録された。 […]
  • 亀田興毅が山中と戦わない理由亀田興毅が山中と戦わない理由 亀田家の長男であるプロボクサー亀田興毅選手が2013年11月19日、WBA世界バンタム級タイトルマッチをおこない、8回目の防衛の成功した。 しかし、10回にはダウンを喫し、 […]
  • 絶対王者アンデウソン・シウバがクリス・ワイドマンに敗れ王座転落絶対王者アンデウソン・シウバがクリス・ワイドマンに敗れ王座転落 無敗のUFC絶対王者アンデウソン・シウバがクリス・ワイドマンに敗れ7年間保持した王座から転落した。ノーガードで挑発するシウバだったが、ワイドマンの打撃を浴びKOされた。 h […]
  • 一般人が習う時、総合格闘技は「最強」か?一般人が習う時、総合格闘技は「最強」か? 総合格闘技というと、「何でもあり」ルールなんて言われた時代もあり、殴ってよし、蹴って良し、投げてよし、打撃技、投げ技、関節技などあらゆる攻撃ができるルールということもあって、格闘 […]
  • ケンカに強くなるには?ケンカに強くなるには? 「ケンカに強くなる方法」をお話しします。 もし、あなたが格闘技の未経験者でも短期間で強くなる方法です。 そもそも格闘技をマスターしてしまえばケンカが強くなるのは当たり前で […]
  • 少林寺拳法は強いのか?少林寺拳法は強いのか? 少林寺拳法は総合格闘技的な要素が多い。すなわち突き、蹴り、投げ、立ち技での間接技などおよそ護身術として必要な要素を網羅している実践的な格闘技だ。 少林寺拳法は管理人 […]
  • 喧嘩に強くなるために格闘技は有効か?喧嘩に強くなるために格闘技は有効か? 格闘技、武道を始める理由は単純に強くなりたいからだろう。何に強くなりたいか?そう、喧嘩だ。いや、自分は純粋はスポーツとしてやっている。精神修養のためだ。万が一の時の護身術として。 […]
  • 芦原会館、正道会館、懐かしきあの頃。芦原会館、正道会館、懐かしきあの頃。 私は、中学生の時に大阪難波にあった芦原会館に入門しました。極真を習いに行こう!と、先輩が通っているという噂を聞いて道場に出かけたら、極真会館ではなくもうすでに芦原会館となっていた […]
  • 映画「李小龍 ブルース・リー マイブラザー」が日本公開!映画「李小龍 ブルース・リー マイブラザー」が日本公開! 「李小龍 ブルース・リー […]
  • 地上最強の空手、極真会館地上最強の空手、極真会館 かつては、「我らの流派こそは地上最強の格闘技である!!」と宣言した空手流派があった。 フルコンタクト空手の祖、極真会館である。 極真会館の館長故大山 倍達(おおやま […]
スポンサーリンク

コメントを残す